前向きに議論するためのWEB会議
2018年2月28日

未来のウェブ会議はどうなっているか

未来のウェブ会議は会議ではなくなっていることが予想されます。

ウェブ会議が登場したことによって、世界でリアルタイムで情報交換が出来るようになったわけですが、ウェブ会議の名前の通りにまだまだ会議をするということに使われることが多いといえます。
ですが、ウェブ会議のシステムは端末を個人が持つようになると、いちいち集まる必要はなくいつでもどこでも会議のように情報交換が出来るようになります。
端末は今個人が保有しているモバイル端末で十分ですから、これを利用することで、誰もが情報交換が出来るようになるわけです。

別に画像データが必要になることも無いケースもあるでしょう。
そんなときは電話のように使えばいいだけで、これで電話と全く同じ情報交換が出来ます。
ウェブ会議の魅力はこのどこでもいつでも世界中の誰とでもリアルタイムで情報交換が出来ることにあります。
会議というわざわざ集まってするようなイメージは将来はなくなっていくとも考えられるのです。
人が集まるにはかなりの時間を必要とするので、これはとても非効率です。

非効率なものはどんどんとなくなっていき、効率のいいものが残っていくことになるでしょうから、未来は個人がリアルタイムで世界中と情報交換するテレビ電話的なものとなっていることが考えられるのです。
そうなると、名前も変わっていくかもしれません。
ウェブ映像電話みたいなものともなるのかもしれません。
それぐらいに幅広い用途に使われると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です