前向きに議論するためのWEB会議
2018年1月31日

無料で使えるウェブ会議のソフトがある

現在は、専用のソフトを使ってウェブ会議ができるようになっています。

それを使えば、本社と支社の間で決められた日時にウェブ会議を開けるようになります。
外国の支社との会議を開くことも可能です。

無料のソフトが使えるので、ウェブ会議を開くときの費用は必要ありません。
無料のソフトは、ネット上からダウンロードできます。
ただし、その会社のアカウントを持っていないと、ダウンロードできないことがあるので、注意が必要です。
アカウントを作るに時間はかかりません。
メールアドレスとパスワードを設定するだけです。
ダウンロードしたらセットアップします。
それも難しいことではありません。
直感的にできます。
無料のソフトの場合は、人数制限があります。
例えば、会議に参加できる人数の上限が10人のソフトがあります。
基本的に無料のソフトは、大人数の会議には向きません。

もしたくさんの人が参加する会議をする時は、有料のソフトを使いましょう。
有料といっても料金はそれほど高くありません。
1ヶ月当たり2000円以下のソフトもあります。
このようなソフトの中には、ダウンロードが必要ないものもあります。
ソフトをダウンロードせずに、URLを共有することで会議ができるようになる仕組みになっています。
このようなソフトを使う時は、対応するインターネットのブラウザが決められているので、注意しましょう。
よく使われているブラウザに対応してないソフトもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です